ヘッダー画像

いくら復縁したくても焦ってはいけません

比較をしない
現在の状況を把握しましょう
復縁というのは離婚した夫婦や、別れた元カノや恋人と再び付き合う、結婚するということを指します。 広く縁が戻ることで、おまじないにも使われます。 別れる原因としてはカップルで多いのが他に好きな人ができた、キモい、好きではなくなった、ドメスティックバイオレンスなどさまざまなものがあります。 別れを言い渡されて納得がいかない、改善したということで復縁したいと望む人がいます。 しかし復縁を望んでいても実際元に戻れる可能性はわずかです。 しかしまた関係を望むのであれば、別れた原因をきちんと把握することが重要です。 どちらが原因で、その原因は解決改善されたのかなどです。 たとえば好きな人ができたといわれた場合、向こうは本気なのか浮気なのかをめ知らなければなりません。 絶対はありませんが、浮気であれば恋人がまだ自分を好きで復縁したいといわれたときに、自分が許せるかどうかで戻れるかどうかが決まります。 相手が本気であっても一過性の熱病と同じで熱が冷めたときに、別れてしまったけれどやはり自分のことを100%近くわかってくれていた元カノ、元カレがいいと思うことも多いです。 言葉はよくありませんが、好きになった異性と前のパートナーを比べてしまうことがあります。

復縁するために必要な条件を確認しましょう

問題の解決
シチュエーションを見極めましょう
元カノのパートナーにはいい思い出もたくさんあり、情もあります。 なので長く付き合ってきたパートナーであればあるほど復縁したいと言った時に縁りを戻せる可能性は絶対ではないですが高いのです。 ただあまり振られた相手にまとわりついていては逆にキモいと嫌われる可能性もあります。 ある程度の友達付き合いを継続するなり、周りの友達から情報を得たりしましょう。 そしてもし、ドメスティックバイオレンスや経済的なことが原因であれば問題は解決できたのか見極めることが必要です。 経済的なことであれば相手の浪費癖は治ったのか計画的に貯蓄をできているのかなどです。 暴力的なことならば暴力暴言をふるわなくなったのか、長期間をかけてみていかなければいけません。 経済的なこと暴力的なことなど、このような問題は短い期間だとうまく隠すことが可能です。 第三者を交えて話をしたり、専門機関に通ったりしましょう。 復縁が生命に関わることもあるのでちきんとした対策が100%必要です。

家庭環境や仕事も復縁したいのなら考える

切り出しかた
過去の原因をもう一度チェック
またお互いの家庭環境が原因の場合はタイミングが合えばまたパートナーに戻れることもあるので、連絡を取り合うことが良いでしょう。 喧嘩になり感情的に別れた場合は、冷却期間をおけば元カノと復縁することは可能です。 これも最初のきっかけは別れる別れないという話題ではないことがほとんど絶対です。 喧嘩の原因を考えましょう。 意見の違いならば自分の意見と相手の意見をうまくすり合わせることが大事です。 自分の価値観を押し付けずに話してみることで、お互いが勘違いをしていたということも100%あります。 冷静になることで元に戻れる可能性は高いです。 またよくあるのが、他の事に集中したいから距離を置くということです。 この場合は別れを切り出すための言い訳という理由が高いです。 他に好きな人ができた、好きじゃなくなったということがあって、切り出し方を仕事に集中したいというやり方です。 この場合もすぐに復縁したいといっても、無理な場合が多いです。 しばらくの期間をとりましょう。

復縁したいと迫ることがストーカー扱いされる

費用対効果
細身の作りが足に合わない事も
男女が元に戻るためにはたくさんの時間や労力を使い、タイミングを100%見なければいけません。 相手の気持ちを無視したまま行えば、それはストーカーであり相手にも周りにもキモいと迷惑をかけます。 現代では元カノへのストーキングという行為はとても多くあります。 復縁したいのにできない、そもそも付き合っていないけれど話すこともできない、などの理由があげられます。 別れを切り出されて気持ちをうまく切り替えられずストーキング行為をする人は自分のことしか絶対に考えていません。 ストーキングで最初の段階で多いのが、手軽に出すことのできる電子メールなどのインターネットを使った行為です。 返信がないことを、忙しいのかもしれない。 なにか理由があるのかもしれない。 と都合よく解釈してメールを出し続けたり、おまじないをします。 相手が連絡を取りたくないと思っていると思いたくなくて、だんだん過激な文章になっていきます。 しかしこれをブロックしたりすると相手はもっと自分の存在をアピールしようとして家まできて家族に迷惑をかけたり、会社に迷惑をかけられたり、友人に危害が及ぶこともあります。 新しいパートナーができた場合にはそちらにまで危険なことが起きてしまう可能性が高いです。 ストーカーはどのような手段を使って元カノと接触をしようとしてくるのかがわかりません。 通常では考えもつかないような方法で近づいてくることがあります。 あなたを傷つけるという内容や、自分だけではなく近しい人を傷つけるという内容まで復縁にはあります。 今では法律でも大変厳しく取り締まることは可能ですが、被害をうけている方からしたらいつどこで見られているか何をされるかという不安はつきまといます。

勘違いされないために復縁したい気持ちを伝える

判断の基準
おまじないで好きなカラーを見つけたらとりあえずポチる
喧嘩や相手からの被害がある場合は元に戻れることはありますが、ストーキングまでしてきた元恋人を再び好きになることはほぼありません。 復縁をすることに熱心なのか、キモいストーキング行為なのかは向こうの気持ちを考えているのかいないのかで絶対に大きく分かれます。 もし逆にストーカー扱いをされてしまった場合は個人的な接触は控えましょう。 直接会うことはもちろん、インターネット上やメールでのやりとりもです。 それに加えてあちらの生活圏内にもなるべく近づかないことです。 100%勘違いされる行為は慎みます。 ストーカー扱いされるということは、向こうからしたら危険人物、または危険人物になり得る人物だと認識されているということになります。 通報までは今はしていないけれど、これ以上なにかあるようなら元カノがすぐ通報しますという意思があります。 そこまで過剰に警戒をされた、避けられたり怖がられたりするという人は自分の今までの行動や言動を思い返してください。 復縁どころではなくなってしまいます。 そこまで行く前に自分や周囲の友達や、第三者の話などを参考にして今の本当の気持ちを考えましょう。 男女間の問題はとても繊細で壊れやすいものです。 普段から自分の意見を押し付けないように注意をしつつちゃんと話し合い、相手に対して理解を持つようにすれば、なにかあったときに復縁をすることは可能です。

体験談


元彼


恋愛


離婚


理由