元彼がやっぱり一番良かったという勘違い

過去を美化しないようにしましょう。

向こうから猛烈にアプローチされて付き合ったのに、いつのまにか依存して相手に夢中になっていたという経験のある女性は、これは予想以上に意外とたくさんいるでしょう。 付き合った時は相手の方が私にメロメロだったのに、だんだんと倦怠期を経て元彼から振られてしまうことも可能性としてあるかもしれません。 しかし、ここでは振られたからといってすぐに嫌いになれない場合もかなり多いでしょう。

ラブラブだった時の様子やその時の元彼の優しさが忘れられず、いつまでも長く引きずってしまうという人だっています。 全ての人が切り替えて次の恋愛へと上手に進めるわけではないでしょう。 万が一、もし、これからもう一度やり直したいと願っているのであれば、このように少なからず元彼の心を再び自分の方へ更にひきつけることが本当に必要です。 言葉にするのは簡単ですが実行するのはなかなか難しいでしょう。

しかし、本当に復縁したいのであれば工夫するしかありません。 そして元彼の心を自分の方へ向けるためには、ある一定期間距離を置くことが大切です。

既に恋人がいる元彼でもやり方次第では落とせる

距離感をうまく使いましょう

復縁したいと言っている女性に元彼の連絡を控えなさいというのはきつい言葉かもしれません。 そうすることによってかえって元彼に自分という存在の大切さや優しさを実感させることができるのです。 長く付き合っているカップルなどは、あまりにも一緒にいることが当たり前になりすぎています。 お互いのかけがえのなさを忘れてしまっている場合も多いでしょう。

お互いのかけがえのなさを忘れてしまっている場合も多いでしょう。 少し距離を置くことによって一緒に過ごした時間の楽しさを思い出してもらうことができます。 逆に、シングルになり別れてすぐ何度もしつこくアプローチするとどうでしょうか。 どこかで何故かうっとうしく思われてしまうこともあるでしょう。 つまり上手に使えば効果的な期間なので、連絡が取りたくて少しもやもやするかもしれませんが今後のことを最低限で見据えたうえで、あえて連絡を控えるのがおすすめです。 そうすることによって元彼の方も少し寂しく感じるでしょう。

男性は女性を追いかけたいと本能的に感じている場合が多いので、いつも私からアプローチしていると飽きられてしまうかもしれません。 狩猟本能をくすぐるようにしてうまく誘導するのが効果的でしょう。 また、付き合っていた時期の反省を踏まえて自分自身を磨くことも大切です。

元彼にとってはただのセフレにならないようにしましょう

都合の良い関係では損をしてしまう

例えば、元彼にばかり優しさで甘えていて頻繁に連絡がないとすぐに怒ってしまっていたという人は、自分の趣味や打ち込めるものを見つけると良いでしょう。 そうすることによって相手が忙しく連絡が少ない時でも一人の時間を楽しむことができますし、充実した日々を送ることで相手にも刺激を与えることができるはずです。 自分の時間も充実させることによって、さらに魅力的な女性になることができるでしょう。 連絡の少なさから喧嘩をしていた場合、そうした衝突をなくすこともできるので一石二鳥です。

仕事を一生懸命こなすのも良いですし、友人との時間を大切にするのも良いでしょう。 そうした生活を送ることによって表情も生き生きとしてくるはずですし、周りの人からも自然と好感を徐々にもたれるようになるはずです。 そうした女性は非常に魅力的でしょうし、これは元カレと再会したときにも以前より美しくなった姿を見せてドキドキさせることができるかもしれません。 元彼の方から優しさで声をかけてくれる可能性もあるでしょう。

もう一度交際したいと願うのであれば、今までより少し進歩した自分を見せられるように努力することが求められます。 相手の性格を考えたうえでアプローチするタイミングを見計らいながら、その間に自分磨きをして自信をつけておくと良いでしょう。 こちら側から積極的にアプローチすることが必要な場合もありますが、元彼にも再び自分を追いたいと思わせるような女性になることの方が元サヤには有効です。 その方が、復縁した後もずっとラブラブな関係を築くことができるでしょう。

 復縁したい~絶対してはいけないこと


【関連の記事】

このページの先頭へ