離婚で全てが終わるわけではありません

きっかけの一つとして好転する事も

結婚や離婚というのは、恋人同士の別れと違って家を巻き込んだ作業になります。 そのため、多くの人にとっては恋人との別れを決意するよりもはるかに重大な覚悟を持って離婚をきめていることが多くあります。 再婚が困難なケースも少なくありませんので、そのような状況においてです。 何とかして元サヤしたいと考えている状況には、自分の希望やわがままをできるだけ抑えることも、かなり大切な考えるべきポイントとなります。 長期に渡って復縁したいと考えている人に確実に避けてほしい行動があります。

相手に対する付きまといです。 そして離婚するまでは家族として一緒に暮らしてきた期間が長いため、別れた後にもこれまでどおりに接する人は少なくありません。 よほどの気持ちがあって別れた夫婦としては、既に他人という気持ちでいるので逆に迷惑がられます。 たとえば、これまでのように当たり前に現在のすんでいるところに入ろうとしたりします。 プレゼントや食事などを提供しようとしたり、逆にこれがデートやプレゼントなどを要求するような行為をすると、相手は一気にこちらに対して気持ちが冷めてしまいます。 だからといって、異性に対してしつこく交際を要求したりします。

すがりつくという行為もおすすめできません。 かえって逆に向こうはこちらとの連絡を取るのを嫌がるようになり、メールや着信拒否をする可能性があります。 もちろん、結果的にはさらに新しい恋人ができた場合に妨害工作をするというのも厳禁です。 それによって今の恋人が離婚で別れたとしても、決してこちらに目を向けるということはないでしょう。

更年期サプリや市販薬のランキング

距離を離婚で置いたことにより素直になる

関係には当然子供も影響します

復縁したいときに挑戦してみる価値がある行動としては、子供がいるケースには、子供にかこつけた連絡からスタートさせてみるというのも良いでしょう。 どちらに親権が渡っているにしても、相手と離婚したとしても、子供の両親というのはいつまでも変わりません。 子供を自分が引き取っているときには近況報告をするというのも良いですが、これがお祝いやイベントへの参加を強要することはまず避けましょう。

また、離婚して向こうに親権がわたっている時には、季節のイベントのお祝いやプレゼントなどをして、自分が参加したいということはこちらからいわないようにします。 もちろん、子供と面会をしているときなどに必要以上の悪口を言ったりしています。 再婚の要求を伝言してもらうという行為も避けましょう。

子供がいない場合には、他愛もない連絡を短文で送るというのも一つの方法です。 拒否されていなければ、離婚の後に返事が来なくても連絡は取ることができます。

離婚を最悪の事態と捉えないようにするには

最後の手段は慎重に選択する

1~2行程度の簡単な内容で、日常的な報告を明るい文章で送る程度であれば、離婚した後でも負担になりません。 メールや電話の着信を見ても連絡をしてこないというのは、それが異性から自分に対する気持ちでもありますので、返事が来ないからといって逆恨みはしないようにしましょう。 毎年の誕生日などには、家族としてではなく親しい間柄の友人のような距離感で、お祝いの言葉などを伝えておきましょう。 メールで逆に避けたいのが、交際の請求をしつこくすることです。

離婚した相手にとっても重くなりますし、メールを見るのも嫌になって着信拒否される可能性があります。 会いたい、話がしたいなどの要求も、別れてすぐに伝えるのは感情的になりやすいので避けたほうが良いでしょう。 また、逐一今の動向などは調べておくことも大切ですので、向こうに恋人ができたときなど、離婚して自分の気持ちを切り替えなければならないパターンもあります。 そうなると現在の近くにいる人から話を聞ける状況であれば、自分のことを現在どのように思っているかを間接的に知ることができます。

こういった努力も踏まえて、できることをした後で復縁できなかったという場合には、ストーカー扱いされないように思い切って忘れることも重要です。 努力をした後には意外とすっきり割り切れることもあります。

 復縁したい~絶対してはいけないこと


【関連の記事】

このページの先頭へ